セイコーの古いキングセイコー不具合

By superstar, 2016年7月18日

キングセイコークロノメーターの定期的なオーバーホールのご依頼

だったんですが、何やら竜頭の引いたり押したりの感覚がおかしいなぁー

と、思っていたら…

やはりそこに不具合を発見

この押さえのパーツの一部分が…

折れてる…

このせいで竜頭に不具合が
古いムーブですが材料屋さんにパーツ在庫有り
良かったぁー

で、ここの部分のパーツ交換とオーバーホールで修理が良い感じにしゅーりょー

こんな時計です

古い時計ですね
これを大切にしてくれてるお客様は素晴らしい

それにお応えして当店もきっちりとオーバーホールさせていただきました

クロノメーターとのことで精度もきっちりと

だいたい1日の誤差5秒前後に姿勢差も含めてできたと思います

あとはランニングテストして精度を再度確認します

機械式時計の修理は少し時間を多めにいただいています

お急ぎのお客様にはご迷惑をお掛けしてすいません

What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です