オーバーホールというメンテナンスの重要性☆

By superstar, 2013年1月6日

こんばんは

とりあえず今
お預かりの腕時計の修理を完了させました

点完了です

腕時計&置時計&掛け時計にはそれぞれメンテナンスが必要なんです
ってご存知でしたでしょうか?

最近の時計ではめっきりとその必要性が薄れていますが・・・
デジタルの時計は例外ですが・・・
アナログの時計には必ずといっていいほどオーバーホールが必要になってきます

その一番の理由は故障を未然に防ぐ

というのがあります。

時計の部品は時計専用の油によって潤滑に歯車なり部品が回転もしくは動いています
それを潤滑に動かしているのが油

これが時間が経つにつれて乾いてきたり、
もしくは粘りが強くなってきたりします。

なのでそれらを一度綺麗に洗い流して、そうしてから、また新たな綺麗な油を指し直さなければいけません

それを怠った時計は・・・

動きが悪いところに無理な力が加わったりして最悪の場合は部品が壊れます。
だいたいはそのような状態になってくると、時間が遅れだしたり、電池もしくはゼンマイの持ちが悪くなったりしてきます。

理想は3~5年に一度ずつオーバーホール
これが大切な時計を長持ちさせる

車も2年に1度車検をするように、時計にも定期的な調整が必要ですよ
覚えておいて下さいね。

今日完了させた 点の時計がこちら

本日オーバーホールを完了させた2点の腕時計♪

この 点をバッチリと仕上げました

一個はSEIKOさんの腕時計

SEIKOの古い2針の腕時計♪

少し古い2針の時計です。
オーバーホール後の時間調整に入ります
SEIKOのこちらのタイプのオーバーホールの料金は税込価格¥6,300なり

そしてもう一つは、

シンプルで高級感漂うWALTHAMの腕時計♪

これまたちょっと古いWALTHAMの腕時計です。
シンプルで高級感あって非常にカッコイイ腕時計ですね
とっても素敵です
こちらもこれから時間調整に

両方共に精度良く動き続けてくれますように と願って

WALTHAMのこちらのタイプのオーバーホール料金は税込価格¥15,750なり

御参考までに

素敵なお客様との出会いがあり本当に嬉しかった
どっちがお店で『サービス』を与えているのかが分からなくなっちゃった・・・ほど
その優しさに本当に感激です
こんな素敵なお客様がいるんだな と。
ご夫婦で本当に素敵なんです
この巡り合わせに本当に感謝です
僕らは、このようなたくさんの素敵なお客様たちに支えられて今のこのお店を営業し続けられているんだなと思います。
日々のこのような素敵なお客様との出会いを大切にして、
もっともっとお客様たちに満足いただけるGOOD SHOPになるように今年もまたもっともっと頑張っていきます 本当に頑張ります


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です