FOURNINES フォーナインズ 2011 Spring New Collection NPM-20

By superstar, 2011年9月13日

さて次なる新作は・・・

ネオプラスチックフレームと呼ばれるモデルになります

フロントがプラスチックでテンプルが金属の美しいスタイリッシュなモデル

プラスチックのカジュアルさと、
金属のクールでカッコイイ質感を併せ持つモデル

美しいですよ

Rimg2693_2 Rimg2695

これがNPM-20になります

スタンダードな美しい形状になりますね

今回のネオプラスチックフレームのモデルは、
このNPM-20シリーズで3型になります。

NPM-20とNPM-21とNPM-22になります

まずはこの写真のNPM-20からいきましょう

Rimg2697 Rimg2698

これがNPM-20になります。
基本的にこのNPM-20シリーズの違いはレンズ形状になると思っていただいてOKです
基本的な機構や機能性は同じなので

Rimg2700 Rimg2701

まずはこの定番の『逆Rヒンジ』ですね

今までにない逆Rヒンジを使用しています

実はここには大きな秘密が隠されていますよぉ~~~

これもちょっと説明しづらいんですが・・・
大きな機能性がここにある

それでは頑張って説明させていただきますっ

Rimg2704 Rimg2703

秘密はここの部分なんですが、
テンプルを閉じるとフロントの付け根まで一緒に動いていますよね?

その動き方に重大な秘密があります

テンプルをいっぱいに広げた時なんですが、
通常ですと広げすぎてしまうと、フロント部分に『逆に反る力』が加わります。
逆に反る力とは、テンプルを思いっきり広げた時に顔側じゃなくて、
反対側に反ってしまうようになることです。
(説明が下手ですいません)

その反対側に反る力をなくしているのがこの機構です

このフォーナインズの機構ですと、
広げた時にフロントの外から内に掛けて力が入るようになっています
反対に反る力が、この機構ですと内側に逃げるようになっています。
結果としてフロントが反る事が物凄く減ります

もう難しいです
文章力が乏しい上に説明力もない

みなさん

説明を聞きにぜひご来店下さい
実際の商品をお見せしながら説明すれば・・・
あら不思議
すぐに納得していただけるかと思いますよ

今回のNPM-20シリーズはここがかなり素晴らしい機能性を持っています

通常に逆Rヒンジの力を逃がす機構にプラスしてこの機構・・・
もうこの上ない技術力です

それにこの美しいフロントのレンズデザインです
正直掛ける人を選ばない?
たくさんの人に(男女ともに)楽しんでいただけると思います

以上がNPM-20シリーズの機能の詳細でした

次回からはそれぞれのカラー展開を見ていきましょう

それではまた

GOODBYE

こちらの商品の取り扱い情報&在庫状況確認はこちらからお気軽に

P.S

試着モデル大募集です
お気軽にご連絡下さい
本当にお願いしますm(_ _)m

荒川時計店のHPもぜひ観て下さいね
とってもゆっくりですが変化していってますので


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です